足水虫の種類と症状まとめ

足水虫の種類は大きく分けて4種類あります、趾間型、角質増殖型、小水疱型、そして爪白癬です。
趾間型は足水虫の中で割合が最も多く、水虫と言えば趾間型を指すか思い浮かべるほどです、特に小指と薬指の間で発症することが多くなっています、これは小指と薬指が密着しやすいため隙間ができず通気性が悪くなり湿り気を帯びやすいせいであり、また、この部分は入浴時などに洗うのを怠りがちで古い角質が残ったままとなり水虫の原因菌である白癬菌が増殖しやすいという点も挙げられます、このタイプの水虫は痒みが強く、皮膚が白くふやけて浸出液が出てじゅくじゅくと濡れたような感じになります、白くふやけた部分が裂けて痛みを感じたり、その部分に細菌が感染し腫れて化膿することもあります。
角質増殖型は自覚症状に乏しいので水虫だとは気付かぬ場合もあります、主に踵の皮が厚くなりひび割れてポロポロと剥がれ落ちます、この剥がれ落ちた皮には白癬菌が潜んでいるので他の人が踏むと移る可能性もあります。
小水疱型は突然強い痒みが足の裏と甲の境目などで発症し、掻くとすぐに小さな水膨れができます、掻けば掻くほど水膨れは大きくなりヒリヒリとした痛みを伴うことがあります、土踏まずなどの柔らかい部分にも発症しやすいものです。
爪白癬は足水虫の中で最も治り難いものです、足の皮膚というよりは爪と爪が生えてくる付け根の部分に白癬菌が感染し爪が黒っぽく変色したり歪な形に変形したりします、自覚症状はほとんど無いのですが塗り薬だけの治療はまず無理で、完治には白癬菌に効く内服薬を副作用に気をつけながら長期間服用することになります、内服薬は市販されてはいないので皮膚科の診察を受けて処方してもらわなくてはなりません。
■フケやかゆみにも効果アリです
ケトコナゾール
■水虫治療にはデルビナフィンをおすすめ
テルビナフィンを上手に利用しよう

ページトップへ